大田区 歯科 歯医者 森嶋歯科医院

大田区 歯科 歯医者 森嶋歯科医院

お電話でのお問い合わせは 03-3720-8855 へ メールでのお問い合わせはこちら

東京都大田区森嶋歯科のブログ

ホーム > 東京都大田区森嶋歯科のブログ

2018年6月11日
【院長ブログ】「バイキング・ダイエット」の細かいテクニック

「バイキング・ダイエット」の細かいテクニックは、行動科学に基づいています。太るような食べ方を変えることが大切です。この「行動変容」は、徐々にルーティンとして日常生活に取り入れていきます。そうするとリバウンドしません。

先ずは慌てて取らない事です。原則1は「ゆっくり取る」です。何を食べようかと考えながら、一周してみます。

原則2は「小皿で取る」です。一皿取ったら席に着き食べて、また取りに行きます。

原則3は「まず初めにスープから食べる」です。私は味噌汁から食べます。

原則4は「食べる順序がある」です。スープ類・野菜類・肉類・穀類・デザート類の順で食べます。

原則5は、常に低カロリーを考えて食べていく事です。例えば私は、サラダにはドレッシングではなくふりかけをかけています。タンパク質は肉ではなく豆を食べます。砂糖・塩分は出来るだけ取りません。

原則6は、どうしても食べたい時のみデザート類は食べるべきです。今は肉類・穀類を食べなくても苦痛ではありません。

以上です。

またの機会に書き足していきます。次回からは歯科関係に戻ります。

2018年5月 7日
【院長ブログ】あなたの敵「飢餓中枢」に勝つもう一つの秘訣『食欲を抑える「自己暗示療法」』


この前テレビで「依存症」の中に「チョコレート依存症」があると言っていました。私もチョコレートが大好きです。チョコレートの主成分のカカオには、当たり前ですが中毒性=依存性があります。つまり全ての嗜好品には、大なり小なり中毒性があるのです。これを抑えるには「自己暗示療法」が有効です。スポーツではイメージトレーニングとして用いられます。例えば、「チョコレートが嫌いだ」と言うだけで効果があります。又はチョコレートに嫌悪感を抱くイメージを想像します。チョコレートが嫌いになる情報(老化は糖化・糖は悪玉菌を増やす等)ばかり集めてみます。これだけでも多少なりに効果があります。これで少しずつ減らしていきながら、代用物(和菓子・ゼリー等)を増やしていきます。

次回からは「バイキング・ダイエット」の細かいテクニックに関して書きます。

2018年4月 2日
【院長ブログ】②なぜ意思が弱いのに「バイキング・ダイエット」ができるのか?

肉好き・甘いもの好き・酒好きな私でも「バイキング」で「ダイエット」が出来ました。その理由を行動科学的に解釈しますと、行動制限しない「バイキング」の方が長続きするからです。人は「食べるな」を言われると無性に「食べたくなる」ものです。でも、好きなものを好きなだけ食べていいと、慌ててガツガツ食べなくて良い気持ちになります。普段は食事に気を付けていても、「バイキング」の時は制限なしにします。我慢した自分に御褒美をあげる癖をつけるのです。それが、あなたの敵「飢餓中枢」に勝つ秘訣です。

あなたの敵「飢餓中枢」に勝つもう一つの秘訣『食欲を抑える「自己暗示療法」』に関しては次回書きます。

2018年3月 2日
【院長ブログ】なぜ「バイキング・ダイエット」で健康な食生活を得て体質改善するのか?歯科医が考えた一生涯に渡る健康な食生活

「バイキング・ダイエット」のキーワードは「試食」と「リバウンドしない」です。

バイキングでは、色々な今まで食べたことがない食べ物に出会えることによりは「多品目」「発酵食品」「菜食主義」「低カロリー」「糖質カット」が可能な食品に出会えます。また食事内容の「自由」がある程度あります。まず「試食」が肝心です。定食などは、相手が決めた内容(メイン以外はお任せ)の食事です。内容とは、量・種類・食べる順序・栄養素・味付けなどです。それに比べてバイキングではどんなものをどの位、どんな味付けで、どの様な順序・スピード・盛り付けで食べるかは、その人の自由です。(細かいダイエット・テクニックは後ほど伝授します)。私などは年寄りに育てられたので、食事は残さず食べるように躾けられました。残すのは「勿体無い事だ」だとの意識が、定食などの決められた食事をついつい残さず食べて、結局食べ過ぎになります。

またバイキングですといろいろな食べ物を試食できますので、自分が食べられる食べ物の種類が豊富になります。自分に合った低カロリーで栄養価が高い食べ物と出会えるのです。そのためリバウンドしません。

痩せたいあなた、健康になりたいあなたが、自分の意志で食事をコントロールできれば痩せて健康になります。では、意思が弱い人は出来ないのでしょうか?結論は「できます」。私が出来たからです。次回は、行動科学に基づいて書いていきます。

2018年2月 1日
【院長ブログ】『老化防止・アレルギー改善・糖尿病・癌にかからないための食事法=「バイキング・ダイエット」1』

以前(大田区・上池台の歯医者が教える健康・疲れない体作り[1]2015年9月~11月)でダイエットに関して書かせていただきました。

その後の進化・体質改善を書いていきます。

私の両親は癌に罹りました。私の家系は遺伝子的に癌になり易い家系です。

それで癌になりにくい食事法を考えました。それは、『癌にかからないための食事法=「バイキング・ダイエット」』です。

「バイキング・ダイエット」で免疫力を最強レベルに上げることが可能です。

「癌に罹らないヘルシーライフ」を目指して「バイキング・ダイエット」を始めて約1年で16kg痩せました。2017年89㎏の体重が現在73㎏です。体調が良いのは当たり前です。しかし先日もっと驚くことがありました。風邪で39度近く発熱しましたが、一晩で下がりました。今までは1~2週間、咳が止まらずなかなか治りません。「バイキング・ダイエット」が体質改善に効果がある事はわかっていましたが、ここまで効くとは思ってもいませんでした。次回から「バイキング・ダイエット」に関して書いていきます。

お電話でのお問い合わせ・ご相談は 03-3720-8855 へ メールでのお問い合わせはこちら