大田区 歯科 歯医者 森嶋歯科医院

大田区 歯科 歯医者 森嶋歯科医院

お電話でのお問い合わせは 03-3720-8855 へ メールでのお問い合わせはこちら

東京都大田区森嶋歯科のブログ

ホーム > 東京都大田区森嶋歯科のブログ

2015年11月19日
【院長ブログ】大田区・上池台の歯医者が教える健康・疲れない体作り【3】

さて、中級編ですが「中級編:食材にこだわる⇒食材により差があった‼」です。

私が色々試した結果です。

①最初は「ヨーグルト」⇒今話題の「Rー1」の無脂肪がお勧めです。

②次は「野菜+海藻類」⇒海藻類は「もずく」、野菜類は「緑黄色野菜」が効きます。

③そして「納豆」⇒これは差がありませんでした。

④後は普通の日本食⇒低カロリーの粗食なら粗食の方がいいですが、それでは長続きしません。

              ご飯は玄米か五穀米がいいです。

              肉より魚がいいですが、肉を食べるなら赤みの肉を食べてください。

             「肉は野菜巻きしか食べない・味噌汁ではなく野菜汁にする・豆腐料理を多用する」など、工夫が要ります。

2015年11月12日
【院長ブログ】大田区・上池台の歯医者が教える健康・疲れない体作り[2]

こんばんは、森嶋歯科医院の森嶋美夫です。

5年取り組んで成功して得たコツは、実は簡単なものでした。

(ただし肉食系マヨラーで運動する時間がない私には最初は修行でした。)

(1)「腸内善玉細菌の増殖」法⇒ヒントは家内の食事法

初級編:誰でもできる

中級編:食材にこだわる⇒食材により差があった‼

上級編:だぶん最善だけど私には無理⇒食べ合わせの魔法

初級編:誰でもできる⇒ 「実は食る順序が鍵だった・効果に差があった」

腸内細菌を善玉にするために「発酵食品・野菜を取ること」は常識です。

ある方には効果があっても、ある方には効果がない。私も効果がなかった。ところが⇒食る順序を変えたら快便・健康になった。

原則3食・毎日です。

①最初は「ヨーグルト」

②次は「野菜+海藻類」⇒海藻類は必須

③そして「納豆」⇒関西系の方には無理ですかね?

④後は普通の日本食(ご飯少な目・野菜多め・塩分控えめは常識です。これも野菜類から食べます。)

私の場合、初級編・約半年で「慢性下痢」が「快便」になり、風邪をひかなく痩せ始めました。

2015年11月 2日
【院長ブログ】長期的な視点に立った治療

歯科では、痛みなどでお困りな方が初診でいらっしゃることが多いので、行ったその日にまず痛みを止めることを望まれる方が多いのです。しかし、医療は必ず治療とその予後の確認をしなければいけません。
 歯も抜きっぱなしや治療途中は駄目で、治療後もちゃんと感染せずに治っているか確認をしなければなりませんし、長期的な視点に立った治療を行い、最後まで被せ物などを入れる必要があります。

緊急処置は致し方ありませんが、重症の場合は後日十分な検査をしたあとに最終的な被せ物などを話し合い、その治療に入らなくてはなりません。
 お口の中を家に喩えると、奥歯は柱、前歯は屋根、歯茎や骨は地盤となります。地盤が固く、柱がしっかりし、屋根があってこそ家は成り立つのです。地盤を調べ、家の設計もしっかりやる必要があります。お口の中の家を保つためには、この地盤と柱と屋根がしっかり協調し、耐震強度を保っていなければなりません。また、メンテナンスも大切です。お口の中の健康を保つためには、虫歯、歯周病、かみ合わせ、全ての状態をよりよいものにしておくメンテナンスが必要不可欠なのです。

clip_image001

2015年10月24日
【院長ブログ】噛む力のコントロール


歯を一生涯保つためには、噛む力のコントロールが大切なのです。歯の平均寿命を見てみると、第一大臼歯、第二大臼歯が50歳前半ということで、一番短くなっています。もしも、歯を失う原因が細菌的要素だけならば、前歯から失われても良いはずなのですが、そうではありません。つまり、噛む力によるダメージでも、歯は失われるのです。

歯がどんどん失われていくと、最終的には上の歯と下の歯の噛み合う歯が交互になくなってしまう「すれちがい咬合」というものになってしまいます。上は奥歯だけ、下は前歯だけ残っているような状況です。こうなってしまうと歯をうしなうスピードを緩めることは難しくなってしまいます。

噛む力の負担能力が一番高いのは、第一大臼歯といわれる歯です。次に第二大臼歯です。しかし、噛む力の重心は、筋肉の付着位置により、第二大臼歯のやや後方あたりになっていることが多いようです。負担能力が弱い歯に強い力が加わりやすい環境になっているのです。外見上は掛かっている力は見えませんが、この時点での力のコントロールが大切です。

2015年10月15日
【院長ブログ】口の環境が病気(虫歯・歯周病)を引き起こす。

 虫歯や歯周病は、一種の感染症です。一般的な感染症の場合、インフルエンザのように外部から体内に病原菌が侵入して発病します。しかし、常に身体に存在する虫歯菌や歯周病菌が、なぜ病気を引き起こしますでしょうか?

clip_image002

 お口の中には、プカプカ浮いている細菌と歯や歯肉にこびりついている細菌の2つがあります。歯や歯肉にこびりついている細菌が病気を引き起こします。この細菌が異常に増殖するか、大量に毒素を出した場合か、抵抗力や回復力が減少した時に病気になります。

 細菌が異常に増殖するか、大量に毒素を出すには、口腔内が不潔(食物残渣)な事が必要です。細菌は歯の表面でバイオフィルムという、細菌のコミュニティーを作っていると言われています。このバイオフィルムというのは、お風呂やまな板のヌルヌルと同じもので、細菌が出すグリコカリックスというネバネバした液で守られています。このネバネバが曲者で、現在のところ、このバイオフィルムの中にいる細菌を倒すのは、機械的な排除しかありません。だから、お口のなかの細菌を倒すのは、歯ブラシが一番なのです。

clip_image003clip_image004

clip_image002[1]


clip_image002[2]



clip_image005

お電話でのお問い合わせ・ご相談は 03-3720-8855 へ メールでのお問い合わせはこちら