大田区 歯科 歯医者 森嶋歯科医院

大田区 歯科 歯医者 森嶋歯科医院

お電話でのお問い合わせは 03-3720-8855 へ メールでのお問い合わせはこちら

東京都大田区森嶋歯科のブログ

2007年11月の記事一覧

2007年11月30日
【院長ブログ】患者様の御希望に沿う診療

スライド1
 現代社会が豊かに充足した状態になれば、患者様が医療に求めるものも豊かで充足したものへと変わってきます。つまり社会の医療に対するニーズが、対処療法から質的に高い医療に変化してきます。

 多くの患者様のお話に耳を傾けますと、質的に高い医療を求めていることがよくわかります。その患者様の御希望に沿うように、森嶋歯科医院では質的に高い診療を心掛けています。患者様が一生涯自分の歯で食事ができるようにインプラント、歯周病治療などに高度な医療技術を駆使して患者様の歯を守っています。

 

2007年11月29日
【院長ブログ】審美歯科

 審美歯科とは、歯を美しくする歯科治療の総称です。

一般的に女性は、歯を美しくしたいとの願望があります。

ある女性の患者様が、色が悪い上の前歯を治されました。その時彼女は、「やっとお客様の視線を気にせず営業できます。」と喜んでいました。

私たちは、会話している時に視線を両眼と口の間にあてています。ですから、上の前歯の具合が悪いと、ひどく他人の視線が気になり、劣等感さえ感じるものです。

 

対人恐怖症の患者様が前歯を美しくしてから、自己に対する自信を回復された経験があります。森嶋歯科医院では、なるべく歯を削らない治療を心掛けています。しかし、美しい自分を取り戻すことが可能な審美歯科は、前歯に自信が持てない方がセラミック冠を入れることにより、歯を削らない以上の効果があることも事実です。

2007年11月27日
【院長ブログ】構造医学

  17年前、構造医学の吉田勧持先生に全身骨格と筋肉系の繋がりを教わり、体の歪みを認識できました。そのことで、顎関節症が噛み合わせのバランスなどの局所原因以外に、全身的歪みから引き起こされていることがあると知りました。

 

一般歯科医は、顎口腔領域に関心が集中しがちです。狭い領域の歯ばかりに神経が集中しがちです。私は口腔外科が専門でしたので、最初から全身の一部として口腔をとらえる事が出来て幸いでした。治療における視野が広いからです。インプラントも手術ばかりに関心を持たずに、どのような噛み合わせにしたら最善かなども全身の一部として考えることが出来ました。そのことがインプラント治療を成功させていると考えています。

2007年11月26日
【院長ブログ】歯根尖切除術

私の学位は、根尖切除術 (および人工骨材)20年前に授与されました。

根尖切除術とは、根尖病巣を外科的に外から除去する手術のことです。

 

根の先が化膿した場合、通常は根管内を薬剤で消毒することにより化膿を治療します。しかし、治癒しない場合や根管治療が困難な場合に根尖切除術を行います。歯によっては根尖切除術が困難な場合がありますし、根尖病巣が再発する場合もありますので、根尖病巣を起こさないことが重要です。

 

歯を積極的に残すには、根尖切除術を含んだ高度な治療技術が必要です。私にとって歯を抜いてインプラント治療をするほうが簡単ですが、やはり患者様が一生涯自分の歯で噛んで老いを感じなくて元気に生活するために、治癒が困難でも歯を残すべきだと思います

2007年11月25日
【院長ブログ】インプラントの安全性

  インプラントに関して不安をお持ちの患者様がいらっしゃいます。インプラント製品に関しての安全性は確立しています。手術に関しては熟練した技術で、安全な場所に、感染を予防して行えば問題はありません。

 

例えで言えば、インプラントは車と同じです。どのメーカーの車も、構造上安全です。運転手が車間を守って、法定速度内を、交通法規遵守で、マーナーよく走れば事故を起こしません。

そして熟練したドライバーは、事故を事前に回避しますし、悪条件でもプロほど上手に運転します。

そしてプロほど自分の腕を過信せず謙虚です。常に注意深く慎重ですが、自信があるので動作はすばやく的確です。自分は上手いと自信過剰ですと注意力が散漫になり危険ですし、虚栄心が強いタイプは無理して事故を起こしがちです。

 

一言で言えば、インプラントの安全性は、インプラントの種類に関係なく、熟練した技術と冷静な診断に基づいた判断力をもつ歯科医師に左右されます。

お電話でのお問い合わせ・ご相談は 03-3720-8855 へ メールでのお問い合わせはこちら