大田区 歯科 歯医者 森嶋歯科医院

大田区 歯科 歯医者 森嶋歯科医院

お電話でのお問い合わせは 03-3720-8855 へ メールでのお問い合わせはこちら

(2)根っこの治療後の特徴

ホーム > 診療について > 根っこの治療 > (2)根っこの治療後の特徴

(2)根っこの治療後の特徴

  • 根の部分は菌が繁殖しやすい
    お口の中にある菌は、多くが酸素を嫌います。歯の奥の根の部分は酸素がほとんどないため、菌が増えやすい状態になります。
  • 菌に対する免疫がなくなる
    神経を抜くため免疫が働かなくなり、治療をしても感染を起こしやすい状態になります。
  • 再発しやすい
    根管治療は歯をくり抜いて神経を取るため、菌が非常に弱くなります。
    また、詰め物には抗菌性がないため、菌が繁殖するのを助けて感染しやすくなります。

そして、一度根管治療を行った菌の再治療は、さらに根の部分をくりぬく必要があるため難しくなります。
また、さらに歯を弱めてしまうことになり、最終的に抜く必要が出てきてしまうのです。

お電話でのお問い合わせ・ご相談は 03-3720-8855 へ メールでのお問い合わせはこちら